本文へスキップ

伊丹市立女性・児童センターは親子・友達どうして自由に使用できる施設です。

TEL.072-772-1078

〒664-0855 伊丹市御願塚6丁目1-1

第36回テレホン童話

脚本:上坂和美、声の出演:兵庫県立伊丹北高等学校放送委員会
電話(072-773-0874) でも聞くことができます

エフエムいたみ 番組名「いい夢みてね!おやすみ童話」でもその月のお話を放送します。。
79.4MHz 月~金曜の午後7時50分から10分間


第36回 2017年10月~2018年9月

2017(平成29)年  
放送月 作  品  名 作  者 あ  ら  す  じ こちらを
クリック!
(youtube)
 
10月 お山の自販機 ペンネーム
秋野 三歩
「キャッ、だれかこっちに来るわよ」
子グマの‘マー子’はこわくなって、
子ダヌキのポン太にしがみつきました。
11月 竹のぼうやと風の子 はせがわ のりこ モッコ、モッコ、モコモコ 「えいっ」 
やわらかい土の中から竹のぼうやが顔を出しました。
「わあーい、なんて明るいの」
12月 おかあさんのおっぱい 保阪 藍子 「お母さん、卒乳ってなに?」
‘あっちゃん’がたずねます。
一番下の妹の‘たあちゃん’がおっぱいとバイバイするの。
2018(平成30)年  
放送月 作  品  名 作  者 あ  ら  す  じ こちらを
クリック!
(youtube) 
1月 ぞうさんとねずみさん 柴田 由加 「ジャーン!これを持って来たんだ!
一緒に遊ぼうよ」と言うぞうさんにねずみさんはキョトンとしてたずねました。
2月 ひとみちゃん歯医者に行く 金森 初美 「今日こそ歯医者さんに行きますよ!」
ママは、いやがる‘ひとみちゃん’を自転車に。
「こわいよ~、いたいよ~」
3月 真夜中の会議 境 俊人 「なほこちゃん、鉛筆をかむクセがあるのよ。
わたしたちキズだらけ。」
なほこちゃんの鉛筆たちは、おかんむりだ。
4月 アシカのアーくん 森園 順子 動物園のアシカ舎には、‘アーくん’と‘シーちゃん’がいます。
「シーちゃん、ぼくのからだ、何色に見える?」
「まっ黒!」
5月 サクランボと幼虫 ペンネーム
あいこ
ママーたいへん、たいへん」
‘ゆうきくん’が大きな声をあげました。
庭に植えたさくらんぼの苗木の葉っぱが・・・。
6月 光りのドレス やの とみこ ‘はるさん’のお菓子屋さんは森の入口にあります。人間のお客さんだけでなく、動物や鳥たちもやってきます。
7月 かえるのうた 稲井 偉公子 雨のたくさんふる季節、カエルたちはそわそわ。
それは、歌を発表する「うたごえコンテスト」がひらかれるからです。
8月 宙の友だち 籾山 綾子 「雲くーん。今日は入道雲になって風くんと雨をふらせる練習をしてくださいね」遠くから太陽の声が・・・。
9月 そっと ぎゅっと
 ぎゅぎゅぎゅっと
広川 はる子 今日は、りす組さんのお散歩です。
「友だちと二人でぎゅっと手をつないで歩きますよ」と先生が言いました。

第28回~第37回のテレホン童話

 第37回テレホン童話  ⇒こちらをクリックしてください
 第36回テレホン童話  ⇒こちらをクリックしてください
 第35回テレホン童話  ⇒こちらをクリックしてください
 第34回テレホン童話  ⇒こちらをクリックしてください
 第33回テレホン童話  ⇒こちらをクリックしてください
 第32回テレホン童話  ⇒こちらをクリックしてください
 第31回テレホン童話  ⇒こちらをクリックしてください
 第30回テレホン童話  ⇒こちらをクリックしてください
 第29回テレホン童話  ⇒こちらをクリックしてください
 第28回テレホン童話  ⇒こちらをクリックしてください

information

★女性・児童センターの工事が始まりました。
センターへは、西側(鈴原小学校)の方からお入りください。駐車場は使えないのでご注意ください。
⇒詳しくはこちらをご覧ください。

★女性交流サロンは2020年4月に伊丹市立男女共同参画センター「ここいろ」として、伊丹商工プラザに引っ越しをしました。⇒「ここいろ」のホームページはこちらをご覧ください。