本文へスキップ

伊丹市立女性・児童センターは親子・友達どうして自由に使用できる施設です。

TEL.072-772-1078

〒664-0855 伊丹市御願塚6丁目1-1

第33回テレホン童話

脚本:上坂和美、声の出演:FMいたみ市民スタッフ
電話(072-773-0874) でも聞くことができます

エフエムいたみ 番組名「いい夢みてね!おやすみ童話」でもその月のお話を放送します。。
79.4MHz 月~金曜の午後7時50分から10分間

第33回のテレホン童話

2014(平成26)年
放送月 作  品  名 作  者 あ  ら  す  じ ここを
クリック!
10月 ないしょのペンコ 広川 はる子 ‘なっちゃん’の大好きなペンコは、ペンギンのぬいぐるみ。ずっと一緒だったけど保育所に通うことになりました。
11月 砂漠の夜のお姫様の大冒険 草野 千穂 昔むかしアラブという国に一人のお姫様がおりました。かつては「何もいらないお姫様」と呼ばれていましたが・・・。
12月 おねがい、おばあちゃん 森園 順子 「ママがいなりずしを作ったから持ってきたよ」‘ふっくん’はお隣のおばあちゃんへ届けました。「ちょうどいい・・・」
2015(平成27)年 
放送月 作  品  名 作  者 あ  ら  す  じ ここを
クリック!
1月 雪まんまのお店 ペンネーム
秋野 りゅう
‘サキ’と‘タケシ’は「雪まんま」をおいしそうに食べていました。すると木陰からタヌキの親子がピョコンと出てきて・・・。
2月 ドリーム×ドリーム ペンネーム
土井 美智子
「卒業文集に将来の夢を書こう!」もうすぐ中学生の‘ひろし’は授業中に書けず宿題組。真夜中になっても・・・。
3月 たのしいお客さま ペンネーム
やの とみこ
「こんなところに穴が」おひなさまを飾っていたお母さんの手が止まりました。五人囃子の着物に虫が食べたあとが。
4月 昼のお空に見えるもの 山根 真奈美 「あーあつまらないなぁ」仲よしの‘大介’とケンカして学校から帰ってきた‘こうた’が、ぼんやりと空を見ていると・・・。
5月 夢いっぱいのさっちゃん 関口 邦子 「私ね大きくなったら キャクシツジョウムイン になるんだ!」‘さっちゃん’はお母さんに夢を語ります。「エエ?それって何?」
6月 約束 ペンネーム
たかい くにこ
てるてるは‘恵太’自慢のテルテル坊主。「明日も絶対に晴れにしてね」の約束を守るため、真夜中に呪文を・・・。
7月 夏の日の夢 山本 夏子 「翔ちゃん、彰君来て!こんなところに大きなカメが居るよ」‘七海’が大きな声で呼びました。生きているかな?・・・。
8月 逃げたらだめだよ 境 俊人 ジュニア音楽コンクールの最終日です。小学5年の‘なほこ’はバイオリン、同級生の‘よしこ’はピアノ伴奏で参加しました。
9月 お月さまの子ども 水口 美喜子 「今日は十五夜さんだから、お月様が見ていてくれるよ」家族に見送られて、うさぎの‘みーくん’は旅に出ました。

第28回~第37回のテレホン童話

 第37回テレホン童話  ⇒こちらをクリックしてください
 第36回テレホン童話  ⇒こちらをクリックしてください
 第35回テレホン童話  ⇒こちらをクリックしてください
 第34回テレホン童話  ⇒こちらをクリックしてください
 第33回テレホン童話  ⇒こちらをクリックしてください
 第32回テレホン童話  ⇒こちらをクリックしてください
 第31回テレホン童話  ⇒こちらをクリックしてください
 第30回テレホン童話  ⇒こちらをクリックしてください
 第29回テレホン童話  ⇒こちらをクリックしてください
 第28回テレホン童話  ⇒こちらをクリックしてください

information

★女性・児童センターの工事が始まりました。
センターへは、西側(鈴原小学校)の方からお入りください。駐車場は使えないのでご注意ください。
⇒詳しくはこちらをご覧ください。

★女性交流サロンは2020年4月に伊丹市立男女共同参画センター「ここいろ」として、伊丹商工プラザに引っ越しをしました。⇒「ここいろ」のホームページはこちらをご覧ください。

★開館時間
原則9時~17時15分
ただし、夜間の貸室申請があった場合、開館時間は20時まで